健康−メタボにご用心眼精疲労・ドライアイ


■ 眼精疲労 ⇒ 肩こりや頭痛を引き起こす原因にもなる。

誰でも長時間仕事をしたり、目を使いすぎると目が疲れます。普通は目を休ませると回復しますが、疲れ目がなかなか解消できず、目のかすみや涙が異常に出るといった症状のほ他、肩こりや頭痛、吐き気などの症状があらわれることがあります。

これが眼精疲労です。

近視や遠視、乱視、老眼があるのに、メガネやコンタクトレンズによる矯正をせず、目に負担をかけていたり、ドライアイや長時間のパソコン作業、精神的なストレスなどが、眼精疲労を起こす原因になります。

簡単な対処法は目薬をいれたり、目を休めてリラックスすることや蒸しタオルなどで目を温め血行をよくすることです。




■ ドライアイは眼精疲労の大きな原因・・・パソコン作業でドライアイは増える。

ドライアイとは目の表面に涙が広がらない病気です。涙は目の乾燥を防ぎ、チリやホコリから目を守るなどといった役割があります。そのため涙の量が不足すると、目は乾燥し、傷つきやすくなります。

涙の量が減る原因は、病気や薬の影響、加齢、ストレス、睡眠不足、パソコン作業などによるまばたきの減少などが挙げられます。

ドライアイになると、目が疲れやすくなったり、目が重い、充血するといった症状があらわれる他、ひどくなると目の表面に傷がつき、炎症を起こすこともあります。

特に最近はパソコン作業が増え、画面をじっと見つめることが増えまばたきをしないのでドライアイが増え眼精疲労が増えています。意識してまばたきをすればドライアイの予防になります。



■ 眼精疲労の対処法・・・時には目を休めてリラックス

目の疲れが慢性的にあり、さまざまな症状が現れている場合は、眼科できちんと検査を受け、目に異常がないか確認しましょう。

ドライアイの場合、涙と同じ浸透圧の「人口涙液」を点眼します。ドライアイ・眼精疲労どちらの場合も、照明の明るさを適正にし、パソコンやテレビの画面は目線より下に設置するなど、目の疲れを軽減しうる作業環境を整えましょう。

パソコン作業や細かい作業をするときは適度に休憩をとり、部屋の乾燥を防ぐことも予防になります。


簡単な疲れ目解消法

疲れ目を解消するには、1時間に1度は作業を中断し、しばらく目を閉じたり、遠くの風景をゆったり眺めるようにしましょう。

それでも疲れがなかなかとれない場合は、目の上に蒸しタオルをしばらく置いて温め、血行をよくしましょう。会社などで蒸しタオルが無い場合は湯のみにお湯またはお茶を入れ目に近づけ湯気で目を温めてもよい。

また、ゆっくり睡眠をとることも重要です。

就寝前と目覚め後に目薬を入れると効果がありますが目薬には防腐剤が入っているので目を傷めることがあるので使いきりタイプの目薬のほうがよい。



まぶたの血管マッサージも効果

まぶたの動脈血管マッサージの形

目を閉じ、眼球を圧迫しないように軽くまぶたと目のまわりに当て指で包み込むようにして上下、左右にずらすように動かす。
動脈マッサージをする前に目の周辺を蒸しタオルで温めると効果的、入浴後も同じように効果的
蒸しタオルは小さめのハンドタオルを濡らして、電子レンジで温めれば簡単

全身の血管マッサージの方法




疲れ目に効果的なツボ療法

疲れ目に効くツボ太陽(たいよう)のイラスト 疲れ目に効くツボ晴明(せいめい)のイラスト

ドライアイなどの原因で起こる疲れ目や目の痛みには、太陽(たいよう)・晴明(せいめい)など目の周辺にあるツボが効果的です。

眉じりと目じりの外側の中間あたりにある太陽(たいよう)は、人差し指か親指の腹で少しずつ力を加え、最後にはしっかり押す。

目がしらと鼻柱の間のくぼみにある晴明(せいめい)は、指の腹で静かにもむように押す。




■ 眼精疲労に効く食品

DHA

DHAは視覚の中心的な機能をつかさどっている網膜の主成分だといわれています。イワシやサンマなどの青魚に含まれています。

DHAを摂取すれば網膜の機能回復強化につながり、眼精疲労対策になります。


ルテイン

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれるβカロチンに含まれる成分で網膜を構成している成分の一つだといわれています。眼精疲労や視界がゆがんで見える加齢黄斑変性にも効果があるのでは考えられるようになってきました。

ルテインを多く含む食品はキャベツの原種とされるケールやホウレンソウ、パセリ、レタス、ブロッコリーなどがある。


ブルーベリー

「ブルベリーは目にいい。」というたぐいのテレビCMなどをよく目にします。大2次世界大戦のときイギリスの爆弾の命中率の高いパイロットが、その秘訣を聞かれたときに朝食にブルーベリージャムをたっぷり塗ったトーストを食べると答えたことから注目を集め目にいいということが判明しました。

ブルーベリーに含まれる色素成分ポリフェノールの一種で「アントシアニン」の働きが目に効果があり眼精疲労にも効果があると考えられています。