健康−メタボにご用心メタボリックシンドローム


■ メタボリックシンドロームはお腹だけではない⇒動脈硬化予防

メタボリックシンドローム ⇒ 動脈硬化性疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)の危険性を高める複合型リスク症候群

ウエスト周囲径が男性85cm以上、女性90cm以上がそくメタボリックシンドロームではありません。


1.高脂血症: 中性脂肪値150mg/dl以上、HDLコレステロール値40mg/dl未満の一方、または両方
2.高血圧: 収縮期血圧130mmHg以上、または拡張期血圧85mmHg以上の一方、または両方
3.空腹時血糖値 110mg/dl以上

ウエスト周囲径に加えて1〜3の項目に2つ以上あてはまる人がメタボリックシンドロームです。年齢、体格も違う人を一律にウエスト周囲径だけで判断しているのではないのです。そのようなことをすれば日本人成人男性の半数近くがメタリックシンドロームになってしまいます。ウエスト周囲径が85cm以上あっても高脂血症、高血圧、空腹時血糖値の数値が2つ以上基準数値以下であればメタボリックシンドロームではないのです。


とりかえしのつかない動脈硬化性疾患を予防するのが目的です。
肥満、運動不足、ストレスなどの生活習慣によるメタボ肥満で内臓脂肪が増えてくると血液中に悪玉のTNF-αという物質が増え、血液の血糖を調整しているインスリンの働きを阻害します。インスリンの働きが悪いと糖尿病になります。高血糖の状態が続くと、徐々に血管が痛み、また高血圧が続くと血管に細かい傷ができ、さらに高中性脂肪は超悪玉コレステロールを増やします。これらが重なると相乗効果で動脈硬化を引き起こす危険性が一気に高まります。


メタボリックシンドロームの原因は内臓脂肪
内臓脂肪がつく場所は、皮下脂肪とは違い内臓の周りや腸間膜のあいだなどで毛細血管などが集中してある場所ですから、悪玉の原因物質が分泌されると血管の中に入り込み、悪玉の原因物質を全身に運んで悪影響を及ぼしてしまいます。


ウエスト基準はどのように決まったのか?ウエスト基準の根拠
内臓脂肪の面積が100平方センチを越えると、心臓病、動脈硬化性疾患のリスクが高まります。この内臓脂肪面積100平方センチに相当するウエストサイズが、平均すると男85センチ、女90センチにあたるのです。




■ 5%のダイエットがメタボを改善⇒善玉のアディポネクチンが増えます

高血糖、高血圧、高中性脂肪を引き起こす原因物質と、それらを予防するアディポネクチンは不思議なことに同じ脂肪細胞で作られていますが、食べ過ぎ、運動不足、ストレス状態が長く続きメタボ肥満になってくると脂肪細胞は脂肪分を蓄えすぎバランスを欠き、悪玉原因物質が作られるようになり、善玉のアディポネクチンなどは作られなくなります。

適度な運動、バランスの良い食事で体重のおよそ5%を減らすと、脂肪分を蓄えすぎバランスを欠いていた脂肪細胞がバランスを取り戻し、善玉のアディポネクチンが作られるようになり血糖値、血圧、中性脂肪値が改善されることがわかっています。日本肥満学会でも、メタボリックシンドロームと診断された人はひとまず体重5%減を目標にするよう提唱しています。


食事に気を配る
・食べ過ぎない・・・ストレスがかかるとついつい食べ過ぎてしまう。
・食事の中の脂肪の量と質・・・バターや肉など固形の脂肪より室温で液体状態の植物性脂肪・魚油
・食物繊維を十分に摂る・・・便通を良くして体内に悪玉コレステロールなど毒素をためない
・砂糖や果物(果糖)を摂り過ぎない。
・アルコールは適量を守る・・・1日ビール1本、日本酒1合程度
・豆類を積極的に摂る・・・大豆タンパクはコレステロールを低下させ植物性脂肪や食物繊維も摂れる
・ビタミンE、ベータカロチンを多く含む食品を積極的に摂る。・・・野菜中心の食事
・水分を摂る・・・血液サラサラ効果のあるお茶などを飲む
・3食きちんとゆっくり食べる。


管理人お勧めのダイエット食材⇒酢漬け黒豆及び漬け込んだ酢
黒豆を漬け込んだ酢のほうがより効果があるように思えるのですが、下剤じゃないかと思うほど便通が驚くほどよくなります。黒豆は血圧降下に良いので食べ始めましたがダイエット効果抜群です。



■ 内臓脂肪を減らすダイエットでないと意味がない

メタボリックシンドロームの原因である内臓脂肪を落とすダイエットでないと意味がありません。無理な食事制限をして体重をだけ落としても内臓脂肪は減らず、エネルギー代謝の大きい筋肉や水分を減らしたのでは意味がなく、効果がありません。無理のない運動と栄養バランスの摂れた食事でダイエットしなくてはいけません。

適度な運動を習慣にする・・・大腿部(太もも)の筋肉を使う有酸素運動が最適
大腿筋は体の中でもっとも大きな筋肉で、有酸素運動によってこの筋肉を活発に動かすと、脂肪を分解する「リポタンパクリパーゼ」という酵素が働き始め、善玉コレステロールが増え、悪玉コレステロールが減ることが明らかになっています。・・・散歩、ジョギング、スクワットがよい。

NHK放送の「ためしてガッテン」では特別の運動をしなくてもチョコマカ動くだけでもダイエットになると放送していました。人にあれこれ頼んで自分は動かないとかはやめて自分で動くとか、歩く時は手を大きく振って歩く、エレベーターでなく階段を使う、食事にも気を使いちょっと控えるとか栄養バランスを考え野菜を多く摂るとか、生活習慣の改善でもダイエット効果が大きいということです。


脂肪は人間が生きていくのに必要なもの

人間の血液中にある脂質は、中性脂肪、脂肪酸、コレステロール、リン脂質の4種類。コレステロールやリン脂質は、筋肉中や血液中に存在して細胞膜を作る材料となったりしています。

皮下脂肪や内臓脂肪に関係するのが中性脂肪と脂肪酸です。身体が活動するエネルギー源やエネルギー貯蓄に利用されています。

メタボリックシンドロームで問題視される皮下脂肪や内臓脂肪は、遠い昔に充分な食糧を常備できなかった人類が生き延びるためのエネルギー貯蔵庫としてできたものでした。ところが、飽食の現代社会では、この生き延びるためのエネルギー貯蔵庫の仕組み肥満につながってしまっているのです。

世界の人口は67億人を超え1分に140人、1日で20万人、1年で8千万人、増えているそうです。世界的に食料が足りなくなってきています。日本の食糧自給率はわずか39%です。この先、高齢化が進み日本の輸出産業がもし落ち込むようなことが起これば、外国から食料を買う金がなくなります。飽食の時代などと言っていられなくなります。昔に戻って皮下脂肪や内臓脂肪にエネルギーを貯蔵しなくては生き延びることができなくなることが、ひょっとしてくるかもしれません。