高血圧症正常高値血圧


■ 正常高値血圧、前高血圧は将来高血圧予備軍

正常高値血圧及び前高血圧とは?
正常高値血圧とは、収縮期血圧が130mmHg〜139mmHg、または拡張期血圧が85mmHg〜89mmHgの状態です。正常範囲のなかでも少し高めの状態です。
正常高値血圧は将来高血圧になりやすく高血圧予備群です。日本には、この正常高値血圧が約1500万人もいると推定されています。

アメリカでは前高血圧の規定があり、収縮期血圧が120mmHg〜139mmHg、または拡張期血圧が80mmHg〜89mmHgで日本よりもきびしい規定となっています。

そもそも日本では正常血圧を収縮期血圧が130mmHg未満かつ拡張期血圧が85mmHg未満としているのに対してアメリカでは正常血圧を収縮期血圧が120mmHg未満かつ拡張期血圧が80mmHg未満としており、日本よりきびしい規定です。

日本 アメリカ
分類 収縮期血圧 拡張期血圧 分類 収縮期血圧 拡張期血圧
至適血圧 <120 かつ<80 正常血圧 <120 かつ<80
正常血圧 <130 かつ<85 前高血圧 120-139 または80-89
正常高値血圧 130-139 または85-89 高血圧  
軽症高血圧 140-159 または90-99   第1期 140-159 または90-99
中等症高血圧 160-179 または100-109   第2期 ≧160 または≧100
重症高血圧 ≧180 または≧110  


血圧は収縮期血圧が120mmHg未満かつ拡張期血圧が80mmHg未満にコントロールするのが良いようです。私は、50歳を超えていますが、私の同年代の知人では収縮期血圧が120mmHg未満かつ拡張期血圧が80mmHg未満の方は一人もいません。生活改善が必要な方ばかりです。

高血圧の状態が何年も続くと動脈硬化がおこり、とりかえしのつかない事態になりかねません。症状がでない高血圧はサイレントキラー沈黙の殺し屋です。




■ 正常高値血圧を放置しておくと高血圧になります。

日本人の4人に1人程度、3,500〜4,000万人が高血圧と言われ、70歳以上で70%、50歳以上では40-50%、30-40歳台でも20%が高血圧と言われるほど多い病気です。親が高血圧なら、その子供は60歳時点で高血圧になる確率はなんと100%と言われます。初期は目立った症状が出なく放置されがちですが、静かに病気は進行し、気がつけば高血圧となりやがて血管をぼろぼろになる動脈硬化になり、心臓肥大、タンパク尿、脳卒中、心筋梗塞、心不全、腎不全を起こす原因となる病気です。沈黙の殺し屋サイレントキラーといわれます。

私は50歳を過ぎていますが、知人に最高血圧が130以下の人はひとりもいません。140を超えているかたもいらっしゃいますが治療を受けていないかたもけっこういらっしゃいます。歳をとるといつの間にか高血圧になってしまいます。

正常高値血圧の人が推定1500万人です。高血圧の予備軍です。生活習慣の改善を行わないと高血圧になります。特に内臓脂肪がよくありません。管理人は食事制限することなく酢漬け黒豆及び黒豆を漬け込んだ酢で5〜6kgのダイエットに成功し、内蔵脂肪もへりお腹がへっこみ内臓脂肪のなごりの腹にシワができました。

管理人は高血圧症のため血圧降圧剤は服用していますが内臓脂肪がなくなってからは日中の血圧測定では100〜120程度です。寝起きの測定ではまだ高い値がでることがあります。精神的ストレスや朝方は降圧剤がきれているのが原因だと思われます。以前は血圧降圧剤を服用していても120以下などありませんでした。



■ 血圧を下げるにはまず生活習慣の見直し

・適度な運動をする。

・腹部肥満(メタボリックシンドローム)があれば減量する。

・塩分を控える。1日6gが目標

・バターや肉など固形の脂肪の摂りすぎ、バランスの良い栄養など食事に気をつける。

・ストレスと上手に付き合う。

・多飲酒はさける。平日ビール中びん1本、週末2本まで

・タバコは吸わないようにする。



■ アメリカでは、生活習慣の改善によって期待される降圧効果が示されています。

・肥満の方は体重を10kg減量することで5-20mmHgの血圧低下が期待されます。

・食事療法 野菜、果物、低脂肪食 8-14mmHg

・塩分制限 1日6g以下 2-8mmHg

・運動 毎日30分以上歩行 4-9mmHg

・アルコール摂取の制限 2-4mmHg



■ 病気になれば老後は大変!

年金など今の日本ではあてにならず、新入社員が老後のために初任給のなかから貯金するという冗談のようなことが真顔で言われるおかしな国です。

自民党の年金プラン、民主党の年金プランいろいろありますが、どちらも安心できるような雰囲気はありません。国など頼りにできません。

金持ちは別ですが、一般庶民は病気になれば破産しかねません。病気にならないようにすることが自己防衛です。高血圧は血管をぼろぼろにして死に至らしめる点で「諸悪の根源」とも言える病気です。

国も医療費の負担が大変なのでメタボリックシンドローム検診などはじめましたが、国だけではありません。個人はもっと大変なことになります。

正常高値血圧の時点で生活習慣の見直しをし、内蔵脂肪を減らし、高血圧、糖尿病、腎臓疾患を防がなければ、この厳しい世の中を生きていけません。

先行き不安な日本社会でも健康であれば働けますし、明日への活力もでてきます。


家庭で血圧測定

高血圧になったお医者さんもご自分の血圧のコントロールは難しいらしく目標値はなかなかクリアできないようです。薬を飲めばある程度下がり安心ですが医者自身でもコントロール難しいのですから薬にたよってばかりではいられません。

家庭で血圧測定を行い、体調維持に気をつけることをお勧めします。