高血圧症眼底検査


■ 眼底検査で血管を見ると目の病気だけでなく脳の血管の状態が推測できる

人の血管は通常、直接見ることはできませんが、眼底だけは例外で、体を傷つけずに直接血管を見ることができます。眼底とは瞳から入った光が突き当たる眼球の奥の部分でここにある血管を見ます。目の表面の血管とはつながりはありません。

この眼底を検査すると、緑内障や網膜剥離など目の病気だけでなく、眼底にある血管が交差している状態、網膜の出血の有無(高血圧症などが原因で出血、本人が気がつかない場合もある。)、光をあてた時の反射の具合などを注意深く観察することで、体の様々なところの健康状態、病気の前兆がわかってきます。

網膜にある動脈は脳の血管に近いため又は脳の一部ともいわれ、眼底の血圧や動脈の状態をみると、脳の血管の状態を脳の外から推測することができる。




■ 眼底検査で目以外の病気、特に脳の病気の前兆を推測

眼底にある網膜の動脈が硬貨していると脳出血の前兆を示している場合があり、網膜に出血があると脳出血やくも膜下出血、高血圧脳症の疑いがある。

眼球を作るゲル上の硝子体というところの出血も、くも膜下出血の可能性が高いといわれています。

眼底で動脈と静脈が集まる乳頭というところを観察すると、脳腫瘍などで頭蓋骨の内部が圧迫されていないかどうかを知ることもできる。

眼底検査でこれらの脳血管障害の情報が得られその後の治療、早期発見に大いに役立つ。全身の疾患では高血圧、糖尿病や妊娠中毒などの診断に役立つ。

これらの病気は目の病気でないので眼科医では治療は行われません。専門医が眼底検査の結果を参考に治療を行います。


高血圧症の人

高血圧症の人は眼底出血のリスクが高く、目の前には何もないのに蚊のような小さな虫が飛ぶように見えたり、糸くずのようなものがふわふわ浮いて見える飛蚊症(ひぶんしょう)に似た症状が現れると眼底出血の前兆です。すぐに眼底検査を受けると共に血圧を測り異常な高血圧の場合はすぐに血圧を下げる必要があります。

高血圧症は動脈硬化を促進させます。動脈硬化が進むと脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすリスクが高まります。眼底検査は予防治療に大いに役立ちます。


■ 40歳をすぎると年1回眼底検査を受けたほうがよい

眼底検査は2種類あり、1つは眼科医が検眼鏡を持って瞳孔から覗き込む方法。目の奥の広い範囲を観察するために散瞳目薬で瞳孔を大きく広げる。散瞳目薬を使用するので太陽の光などがまぶしくなり、その日は車の運転はできない。

もう1つはカメラで眼底の写真を撮影し後から医師が写真を観察する方法。1度に多くの検査ができる利点はあるが、観察できる範囲は限られ、眼底の周辺部から病変が始まった場合、健診での眼底検査では見逃しが発生してしまうこともある。


眼底検査の実施の機会減る・・・・自発的に眼底検査は受ける

メタボ健診では高血圧・高血糖・資質異常・腹回りの数値が基準を超えた人で、医師が必要と判断した場合に限り眼底検査を実施するよう求めている。腹回りなどが基準値を下回った場合、高血圧や高血糖などのリスク要因があっても眼底検査は実施されない。

眼底検査の実施の機会は減ってきています。40歳をすぎるといろいろと体の偏重をきたすもの。自発的に眼底検査は受けた方がよいようです。特に高血圧、高血糖などがある人はなおさらです。