■ 糖尿病に関するページ

1. 糖尿病
2. 糖尿病防予防:BMI、メタボリックで肥満チェック
3. 糖尿病の症状
4. 糖尿病の食事療法−1
5. 不眠症、睡眠不足が原因で肥満や糖尿病に!
6. 糖尿病の食事療法−2
7. 糖尿病予防改善にモーツァルト音楽
8. 糖尿病の生活習慣の見直しは睡眠から
9. 糖尿病予防改善に酢漬け黒豆で無理なくダイエット
10. 糖尿病と歯周病
11. 糖尿病の運動療法
12. 糖尿病と骨粗鬆症、スカスカでない新型骨粗鬆症
13. 糖尿病に朗報!副作用の少ないインクレチン関連薬
14. 肥満でないのに痩せていても糖尿病発症
15. 糖尿病性腎症は糖尿病の最も恐ろしい合併症
16. 糖尿病性網膜症は糖尿病の3大合併症の一つ
17. 糖尿病性神経障害は糖尿病の3大合併症の一つ
18. 血管マッサージで糖尿病合併症予防
19. ポリフェノールで糖尿病&合併症予防改善
20. GI値の低い食べ物で糖尿病予防・改善
21. 歯周病菌が糖尿病を招く
22. 糖尿病は治る
23. 糖尿病患者は高脂血症を合併しやすい
24. マグネシウム不足が糖尿病や生活習慣病を招く
25. AGE(老化原因物質)を減らして糖尿病を予防改善
26. 野菜を先に食べるだけで糖尿病の予防改善ができる
27. 糖尿病の診断基準及び再検査、血糖コントロールの評価とその範囲
28. 糖尿病はアルツハイマー病発症のリスクが高い
29. 筋肉が増えると血糖値が下がり糖尿病の予防改善に!



■ 糖尿病とは

糖尿病とは、食べものや飲みものを消化して作られるエネルギー源となるブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞に運ばれなくなったり運ばれにくくなり、血糖値が上がりドロドロ血液になって筋肉や内臓にエネルギーが運ばれないから、全身のエネルギーが足りなくなってしまう病気。尿に糖が出ることから糖尿病となずけられ、これは血液中のブドウ糖が増えすぎて尿の中に糖が溢れてきた状態。膵臓で作られるインスリンの量が足りなくなったり、働きが悪くなるのが原因

厚生労働省の『2007年国民健康・栄養調査1』の糖尿病実態調査によると、「糖尿病が強く疑われる人(糖尿病で治療を受けている人を含む)」が約890万人と「糖尿病の可能性を否定できない人」が約1320万人、合計すると約2210万人と推定されていて実に6人に1人です。国民病といえます。




■ 恐ろしい糖尿病による合併症

糖尿病で恐ろしいのは合併症を発症することです。血糖値が高くなると血液が粘つき血管にダメージを与えます。特に毛細血管はダメージを受けやすく、毛細血管といえども場所によっては重要な働きをしています。

血管へのダメージが原因でさまざまな合併症を引き起こします。下記に示すのが糖尿病の3大合併症です。毛細血管がダメージを受けたのが原因の合併症です。病期が進むまで自覚症状がなく、手遅れになるケースも多くあります。

■糖尿病神経障害
■糖尿病網膜症
■糖尿病腎症


上記以外にも血液がドロドロになり血管がつまりやすいため動脈硬化脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞などもおこしやすくなります。

糖尿病が恐ろしいのは治療を怠っていると間違いなく合併症を起こし、重度の神経障害や失明、腎不全になることです。がんにもかかりやすくなります。

糖尿病網膜症による失明は、実に年間3000人を超え中途失明の原因の第一位です。糖尿病による腎不全の為、年間1万人以上の人が人工透析を始めています。さらに糖尿病の合併症を発症した糖尿病患者の寿命は、平均寿命の70%と言われています。



■ 糖尿病の種類

1型糖尿病
膵臓でインスリンを作る細胞が破壊され、インスリンの量が絶対的に足りなくなる。子供のうちに発症することが多く。
■2型糖尿病
すい臓からインスリンは分泌されるが、その量や働きが不十分である。食事や運動、肥満などの生活習慣が関係し、糖尿病患者全体の80%以上。
■遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの
■妊娠糖尿病


(このホームページでは2型糖尿病について記述します。)



■ 糖尿病になる原因及び予防対策・・・メタボにご用心

すい臓で作られるインスリンというホルモンが食後の血液中のブドウ糖をからだの細胞に送り込んでエネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンに変えて、蓄えておく働きをします。インスリンが血液の血糖を調整しています。

長年にわたり不摂生、運動不足、お酒の飲み過ぎなどの生活習慣によるメタボ肥満になると血糖値を下げるためにすい臓から大量のインスリンを分泌し続けなければなりませんが、そうなるとだんだんすい臓が疲弊して、インスリンの分泌が減り、しかもインスリンの働きも悪くなり、血糖値を下げることができなくなり、糖尿病になってしまうのです。糖尿病とは血糖値が上がる病気です。その状態が続くと血管に障害が出やすくなります。
日本人などのアジア人はは体格のいい欧米人と比べてすい臓が弱く、糖尿病にかかりやすいと言われています。


予防対策⇒肥満の人は糖尿病になりやすい

まずは健康診断を受け自分の血糖値を知ることです。糖尿病の検査は通常の健康診断の項目に含まれていますから、職場の健康診断、市町村の健康診断を受けましょう。

血糖値が高い人は生活習慣の改善が必要。具体的にはバランスのとれた食事、適度な運動、肥満の解消です。
特に肥満の人は糖尿病になりやすいので注意が必要!


食物繊維が多目の食事
食物繊維を多く含む野菜を食べると食物繊維は胃腸での消化に手間取り結果として血糖値の上下昇をゆるやかにしてくれます。また、コレステロールの排泄を助ける働きもあります。



■ 糖尿病の診断基準(世界統一基準)

糖尿病 空腹時血糖値が126mg/dl以上  食後の血糖値が200mg/dl以上
  空腹時血糖値とは前日の夕飯から10時間以上何も口にせず翌朝に測定した値のこと。
食後の血糖値は食後2時間以内が良い。
境界型 空腹時血糖値が110mg/dl以上  食後の血糖値が126mg/dl未満
    もうすでに糖尿病の疑いがあります。
それを確かめるにはブドウ糖負荷試験という精密検査があります。
正常 空腹時血糖値が110mg/dl未満の人