糖尿病糖尿病と歯周病


■ 歯周病が糖尿病に悪影響

糖尿病になると身体の抵抗力が落ちいろいろな合併症を引き起こすのですが口の中は細菌だらけ、唾液の分泌が減り口の中も細菌に対する抵抗力が落ちるために歯周病菌に侵されやすくなります。

アメリカ歯科衛生士協会によると糖尿病者の95%に歯周病があるとのことです。歯周病は糖尿病の合併症の一つといえます。歯周病は一般的な病気で珍しくありませんが悪化すると結構やっかいな病気です。

糖尿病になると歯周病も悪化します。また、歯周病は他の病気に悪影響を与えます。糖尿病にも悪影響を与え血糖コントロールが難しくなって糖尿病を悪化させることが分ってきました。糖尿病と歯周病は相互に悪影響をあたえているのです。

糖尿病と歯周病を同時に治療しないと歯周病を完治させることは難しく、また歯周病を治療して症状が改善されると糖尿病の症状も改善されたという例もありますが因果関係はまだはっきりしていません。

歯周病菌は口の中にいますから歯周ポケットから簡単に血液に入り全身を駆け巡り体のどこかで炎症を引き起こす可能性があります。糖尿病で免疫力が落ちるとリスクは高まります。

また、歯周病は糖尿病だけではなく、肥満の状態でも密接な関連があることが分かってきています。肥満の人が歯周病を発症すると糖尿病を疑ってみる必要があります。




■ 歯周病の予防改善

歯垢が原因ですから、歯磨きが重要で歯磨きのとき歯ぐきもついでに歯ブラシをかけると歯ぐきの血行がよくなり、歯周病になりにくくなります。

歯のケアは自分ではきちんと行うのは難しいものです。健康な人でも、半年に一度は歯科医で歯垢を取り除くのがベターです。

唾液には免疫力があり口に入ってくる細菌を撃破し細菌の感染を防いでいます。唾液をたくさんだすことが免疫力の向上になり、歯周病や糖尿病の合併症を防ぐことになります。

唾液をたくさんだすには、自律神経の副交感神経を優位にしリラックス状態になるのが良いのです。

副交感神経を優位にする手っ取りばやい方法は笑って暮らすことです。作り笑いでも副交感神経を刺激します。「笑うかどには福来る」です。

他にも睡眠を十分とる、ストレスを溜めない、リラックスできる音楽を聴く、かわったとろろで「モーツァルト音楽療法」などがあります。



■ 歯周病は糖尿病以外にも悪影響

歯周病のある人は心臓病のリスクが2倍も高いそうです。歯周病菌は血液の中にはいり全身を駆け巡りますが悪いことに心臓の冠動脈に炎症を起し、血圧や心拍、血栓を作りやすくするなど悪影響を及ぼします。抵抗力の落ちた人には肺炎を引き起こしたり、妊婦さんの場合は早産のリスクが7倍もた高くなるそうです。

他にも高血圧症、精神疾患、ホルモンバランスの崩れ、ビタミン欠乏症、薬の副作用などがあり、身近にある歯周病菌が病気を引き起こしているのです。