糖尿病糖尿病の運動療法


■ 運動療法はインスリンの働きを改善、食事療法と併用すると糖尿病の症状改善

運動不足でいると脂肪細胞が血液中のインスリンの働きをじゃまし、インスリンの働きが悪くなります。逆に運動量が増えると細胞がインスリンを受け入れやすくなり、インスリンの働きが良くなります。

糖尿病の疑いのある人は運動療法をおこなうと血糖の低下とともに肥満対策になり糖尿病予防対策に大いになります。

すでに糖尿病になっている人は運動療法とともに食事療法をおこなうと糖尿病のさまざまな症状が改善され血糖も下がりますが血糖が安定していることが運動療法を行う人の条件です。合併症が進行した人は運動がかえって糖尿病を悪化させることもあります。かかりつけの医師への相談が必要です。




■ 運動の種類、運動は20分以上が効果的、運動療法の効果

運動の種類は運動中に会話ができるくらいの無理なくできるウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。息は意識的に行う。はげしい運動は心臓などへの負担が大きく適しません。

運動時間は20分以上が効果があります。およそ15分ぐらいまでは運動エネルギーは血糖が中心に燃やされますが、それ以降は脂肪が中心に燃やされます。内臓脂肪を燃やして筋肉が増えると基礎代謝がよくなり、太りにくい体質になり脂肪の代謝がよくなり高脂血症が解消されます。

運動療法は継続されなくてはいけません。あまり、はりきりすぎて続かないのでは意味がありません。運動の効果は翌日まで続くので一日おきでもかまいません。続けることが意味があります。

また、はっきりとした運動だけでなく、日常チョコマカした動きを増やすのも効果があります。歩くのをちょっと早くし手を大きく振るとか、なるべくエレベーターを利用しないで階段を上がるとか、人に頼んでいたことを自分でするとかです。


運動療法の効果

・インスリンの働きが良くなる。
・血糖が下がる。
・運動により筋肉が増えると基礎代謝がよくなり太りにくく、脂肪の代謝が改善され高脂血症になりにくくなる。
・血液循環がよくなる。血圧を下げる。
・心肺機能の強化
・ストレス解消、気分転換


大腿部(太もも)の筋肉を使う有酸素運動が最適

大腿筋は体の中でもっとも大きな筋肉で、有酸素運動によってこの筋肉を活発に動かすと、脂肪を分解する「リポタンパクリパーゼ」という酵素が働き始め、善玉コレステロールが増え、悪玉コレステロールが減ることが明らかになっています。階段の上がり降り、ウォーキングなど


毎日体重測定する。

毎日、風呂へ入る時に体重測定を行うと体調管理と運動することのはげみになり、運動やダイエットが長続きします。



■ 血糖が安定しない人、合併症がある人医師の指示に従う

糖尿病をすでに発症している人で血糖が安定していない人や合併症が進んでいる人は運動療法がかえって高血糖や低血糖を引き起こすことがあります。かかりつけの医師に相談する必要があります。


・血糖値がコントロールがうまくできていない時
・増殖網膜症など進行性の網膜症
・腎症、自律神経障害がある場合
・感染症で高熱が出るなど急性の変化がある場合