糖尿病糖尿病性神経障害


■ 糖尿病性神経障害は糖尿病の三大合併症の一つ・・・症状改善可能

糖尿病になると恐ろしいのは合併症を発症することですが糖尿病性神経障害は糖尿病の三大合併症の一つで、高血糖の状態が長く続くと「知覚神経」、「運動神経」、「自律神経」の末梢神経がダメージを受け、ほおっておくと足が壊疽(えそ)を起こし足の切断などにいたる合併症です。

糖尿病は自覚症状の少ない病気ですが糖尿病性神経障害に関しては早い段階から手足のしびれなど自覚症状がでてきます。症状の軽い早い段階から治療すれば症状改善可能な合併症です。

血糖コントロールを厳格に行うことが何よりも重要です。また、定期的に検査を受け、予防することが大切です。




■ 糖尿病性神経障害の症状と治療法

高血糖が続くと余分なブドウ糖を減らす働きのある酵素が働きソルビトールという物質を作り細胞に蓄積されます。少ない量だと害はないのですが蓄積されてくると末梢神経に影響がでてきて糖尿病性神経障害の症状がでてきます。また、毛細血管が高血糖により目詰まりして末梢神経に血液がいかなくなることも糖尿病性神経障害の症状に繋がっていきます。

知覚・運動神経の障害

高血糖が続くと末梢神経の感覚神経から症状がでてきます。手や足の先が左右対称にしびれや痛み、じんじんしたり、虫が這っているような感じがしたりします。症状が進行してくると運動神経にも神経障害の症状がでて筋肉に力が入りにくくなり、さらに進むと顔面神経麻痺や目を動かす神経も神経障害で物が二重に見えたりするようになります。


自律神経障害

自律神経は意識しなくても行われている生きていくうえで必要不可欠な呼吸や内臓の動きなどをつかさどる神経ですが、糖尿病により自律神経に神経障害がでると様々な症状が出る可能性があります。便秘や下痢、胃のもたれ、立ちくらみ、排尿困難やインポテンスなどです。また、自律神経の障害は困ったことに低血糖が起こっても動悸や発汗といった症状がでにくくなり生命の危険になったり、心筋梗塞が起こっても痛みを感じず生命の危険にさらされることもあるのであります。やけどや怪我をしても痛みをあまり感じないこともあります。


治療法

食事療法・運動療法・薬物療法による厳格な血糖管理が必要です。症状に合わせた治療薬はありますが血糖コントロールが十分でないと効果は薄い。


糖尿病の新しい治療薬のインクレチン関連薬が注目されている。

従来の糖尿病治療薬は低血糖や体重増の副作用もあり、薬の服用方法が煩雑で自己管理ができにくかったが、すい臓のβ細胞に働きかけ、血糖値を下げるインスリンの分泌を促す仕組に注目して開発されたインクレチン関連薬は小腸などの消化管が出すホルモンと同じように働き、食事による血糖値上昇時だけインスリンの分泌を促すため、血糖値の下がりすぎる低血糖の恐れを避けられ副作用が少なく不治の病とされた糖尿病の新しい治療薬として期待されている。


日常生活で気をつけること

手足をよく観察し、外傷や水虫がないかどうかチェックする。
立ちくらみを防止するために、 朝起きるときに一気に起きないで手足を上に上げてブラブラさせたり、ひざを立て左右に振るとかした後でゆっくりと起きる。また、長風呂は避ける。 椅子から立ち上がるときも一呼吸して立ち上がる。
アルコールは糖尿病によくなく神経障害も悪化させるのでできうる限りひかえる。
百害あって一利なしのたばこは吸わない。喫煙によって血流が悪くなり心筋梗塞などの引き金になることがある。
睡眠不足になると食欲増進ホルモンが増大し、逆に食欲抑制のホルモンは減少します。つまり、食べてしまい肥満になります。睡眠中に病気やウイルスに対抗する免疫力は増強されます。睡眠を毎日7時間とり生活のリズムを整える。