糖尿病歯周病菌が糖尿病を招く


■ 歯周病菌は体をサビさせ全身疾患を招く・・・特に糖尿病の原因にも!

ストレスや眼不足で免疫力が低下すると口の中で歯周病菌が活発に動き始めるチャンスでもあります。いったん歯周病菌が活動し始めると毛細血管から侵入し全身に活性酸素が増え、体がサビやすくなります。

歯周病菌は、全身の健康を損ねるといわれています。特に糖尿病との関わりは深く、糖尿病の大きな原因の一つといわれています。



歯周病が引き起こす全身疾患

歯周病菌は口の中の毛細血管を通って全身に周り、その強い毒性であらゆる臓器を侵し、老化を加速させてしまいます。


糖尿病

歯周病菌が血管を傷つけるだけでなく、インスリンの働きも低下させ、血糖値が高い状態を招きやすくなります。また、歯周病を治療すると、糖尿病の悪化を防げることがわかっています。


誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

加齢による機能低下のため、高齢者は知らない間に唾液が肺に入ってしまうことがあります。すると歯周病菌が肺で増殖し、炎症をまねきます。


心疾患

心臓の弁に歯周病菌が付着・増殖して心臓の内側に炎症(心内膜炎)を引き起こし、心不全や心筋梗塞のリスクを高めます。


胃潰瘍・胃がん

口腔内で繁殖した歯周病菌は、唾液や食べ物などと一緒に胃に流れ込み、胃で炎症を起こす原因に。炎症が長引くと、胃炎から胃潰瘍へと悪化、さらに胃がんのリスクを高めます。


バージャー病

原因が完全には解明されていない、手足の血管が詰まる病気。東京医科歯科大学の研究によると、バージャー病を発症している患者の全員が中度から重度の歯周病にかかっており、さらに手足の患部から歯周病菌が検出されているという結果が出ています。






■ 毎日の歯磨きで歯周病の予防

毎日のケアのポイントは、歯磨きの仕方とタイミング。ブラッシングは、まずローリング法で歯間の食べカスをかき出します。そのあと、バス法で歯ブラシを歯と歯ぐきの間に斜め45度にあてて、細かく左右に動かします。食後はなるべく早く磨くほど効果的。できればおやつなどの間食後も磨きましょう。

歯周病予防には、超音波歯ブラシを使用するのもおすすめです。手で磨いただけでは落とすことができないバイオフィルムも、超音波歯ブラシでなら取り除くことができます。


バイオフィルム

歯周病菌は、まず歯にこびりついた食べカスとくっついて「プラーク」をつくります。これを放置すると、どんどん増え続け細菌のコロニー「バイオフィルム」を形成します。この状態になると通常の歯磨きでは太刀打ちできません。「バイオフィルム」は、細菌たちが安全に生き延びるための要塞のようなもの。この中で細菌は増え、やがて血液の中に入り込み全身の健康を損ねます。


ローリング法のイラスト ローリング法
歯間の食べカス掃除に。
歯ぐきから歯に向かって、下の歯であれば下から上に歯ブラシを回転させる。
バス法のイラスト バス法
歯ぐきのマッサージ&歯周ポケットの掃除に。
歯ブラシを歯と歯ぐきのあいだに斜め45度にあてて、歯ブラシを左右に動かす。



水をこまめに飲もう

口の中が渇くと歯周病菌が繁殖しやすくなるので、水分はこまめに補給を。特に高齢者は渇きやすいので意識して水を飲む習慣をつけましょう。

水は殺菌処理していない弱アルカリ性の天然水がおすすめです。



■ 歯周病から身を守には抗酸化成分を!

活性酸素から身を守ってくれる物質を総称して「スカベンジャー(抗酸化物質)」といいます。大きく分けて体内で作り出される抗酸化酵素と飲食物から摂取する二つのタイプがあり、その働きに深く関わっているのが、毎日の食事です。

体内で生成される抗酸化酵素を強化するためには、良質なタンパク質とミネラルを十分にとることが大切。特に抗酸化酵素には亜鉛が重要です。亜鉛は不足しにくい栄養素といわれていますが、ファーストフードやインスタント食品などによる偏った食生活、極端なダイエットなどにより不足する場合もあります。ちなみに亜鉛を多く含む食品では海のミルクといわれるカキがあります。

飲食物から摂取することができるスカベンジャーとしては、ビタミンA・C・Eのほか、赤ワインなどのポリフェノールや、緑茶のカテキン、野菜などに含まれるカテノイドなど、いわるるフィトケミカルといわれている成分があります。フィトケミカルとは、植物に含まれる色や香り、苦味などの成分です。

これらのスカベンジャーの効果が発揮されるのは2〜3時間程度で、一度に大量にとっても体内に蓄えておくことができません。毎日しっかりとりましょう。