糖尿病糖尿病改善、予防にモーツァルト音楽


■ 糖尿病改善、予防に以外にもモーツァルト音楽

おそらくモーツァルト音楽は世界中で一番愛されているクラシック音楽だと思うのですが、医学的検知からも大変優れているらしいのです。モーツァルト音楽を聴くと副交感神経が優位になり、リラックスできるのです。これが世界中で愛される原因かもしれません。

日本における『免疫音楽療法学』の第一人者でもある埼玉医科大学和合治久教授が提唱されている『モーツァルト音楽療法』というのがあります。

それによると「モーツァルトの音楽」は高周波音を豊富に含んでいて心地よいものが多い。聴くと副交感神経が優位になり、だ液がたくさん分泌されて消化器官の活動が高まったり、血液循環がよくなって発汗が促されたり、アセチルコリンの分泌も盛んになって、ウイルスやガン細胞などを撃退するリンパ球の機能が回復するそうです。「モーツァルトの音楽」いわば「聴覚薬」だそうです。

睡眠不足は食欲増進物質がでてきたり、インスリンの働きが悪くなったりします。また、睡眠中は血糖が下がるのですが睡眠不足だと血糖が下がりきらず1日の血糖が高目調整になってしまいます。

モーツァルト音楽を聴いて体や神経をリラックスさせると寝付きがよく、質の高い睡眠をとることができます。糖尿病にもよい影響をあたえます。健康は睡眠で作られます。




■ 現代病、生活習慣病の原因はリラックスできず、睡眠不足が原因

『モーツァルト音楽療法』は人間の自然治癒能力をサポートするためのものなので、人間は生き物ですから『寝なくても音楽を聴いているから大丈夫』ということはありえないそうです。

睡眠と糖尿病には深い関係があることがわかってきました。今年(2010)ブームになったNHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の水木しげる先生はおん歳88だそうですが、健康の秘訣は睡眠とおっしゃっています。

『モーツァルト音楽療法』はモーツァルトの音楽を聴くだけですから簡単パソコンをいじりながらでも聴くことができます。管理人も家にいるときはそうしています。入浴中に聴くのもいいです。

人間はしっかり眠って、体、神経を休めないと健康にはなれない。糖尿病も同じです。「モーツァルト音楽」を聴いてリラックスし、しっかり寝ましょう。明日になる前には寝ましょう。



■ 『免疫音楽療法学』って何

音楽が人間の生体機能にどういった影響を与えるかということを研究する学問です

音楽に含まれている周波数が人間の生体機能に影響を与えますが「モーツァルトの音楽」は3500ヘルツ以上の高周波音を豊富に含んでいて、メロディーやリズムも心地よいものが多い。聴くと副交感神経が優位になり、リラックスできます。「モーツァルトの音楽」はどの曲もほとんどそうなのだそうです。

これは学問なのでデータをとり確認されています。これは、人類の耳の構造によるもので、基本的な耳の構造は、人種や民族が違ってもみんな同じですから誰にとっても良い影響を及ぼします。

その効果は消化器官の活動がよくなる、血液循環がよくなる、免疫力が高くなるなどで「モーツァルトの音楽」いわば「聴覚薬」だそうです。

管理人は枕元にCDプレイヤーを置いて聴きながら寝ています。